お知らせと更新情報

【代診・休診のお知らせ】

●11/1(水) 整形外科 菅Dr 休診
●11/1(水) 整形外科 日野Dr 休診
●11/2(木) 整形外科 菅Dr 休診
●11/6(月) 整形外科 日野Dr 休診

●11/2(木) 整形外科 代診 日野Dr→代診担当医

 

【休診のお知らせ】

●10/6(金) 内科 休診


 

【就任のご挨拶】2017.10.1

 京都府立医科大学リハビリテーション医学教室から異動で参りました、前田博士です。リハビリテーション科医として17年目、回復期リハビリテーション病棟勤務経験は10年以上になります。これまでの経験を活かし、前任である石原 健先生らが築きあげた基盤を引き継ぎ、患者さんのお役に立つことを一番に、がくさい病院の発展に寄与したいと考えます。このような活動を通じて京都におけるリハビリテーション医学・医療に貢献していく所存です。
 皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

リハビリテーション科
部長 前田博士(まえだひろし)
  日本リハビリテーション医学会 指導医
日本リハビリテーション医学会 専門医
  日本摂食嚥下リハビリテーション学会 認定士
  義肢装具等適合判定医師


 

【第37回近畿作業療法学会 参加のご報告】2017.10.1

 奈良で行われた「第37回近畿作業療法学会」で、脳卒中患者さんにおける麻痺側上肢の日常生活での使用に関するポスター発表を行いました。
 当日は多くの参加者があり、多少の緊張はありましたが、院内で受けたフィードバックや臨床での経験が自信となり、落ち着いて発表することが出来ました。発表後は質問もいただき、より深い学びに繋げることができました。
 教育講演や特別講演からも、新たな知識の習得や気づきをいただきました。
 この経験を活かし、よりよい治療が提供できるよう日々研鑚を重ねたいと思います。
(作業療法士 M)



 

【雑誌「コーチング・クリニック」に掲載されました】2017.9.27

「コーチング・クリニック」(ベースボール・マガジン社)2017年11月号

 今回の本誌における特集は「膝のケガ」です。当院整形外科部門の吉田昌平科長(理学療法士)が取材を受けており,ACL(膝前十字靭帯)断裂から競技復帰するためのリハについて解説をしております。
「コーチング・クリニック」は,監督・コーチ向けに指導法などを紹介する雑誌ですが,療法士の方や一般の方にも読み応えのあるものになっております。是非ご一読ください。
(写真掲載はベースボール・マガジン社様の御了解を頂いております。)

http://www.bbm-japan.com/_tags/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E7%A7%91%E5%AD%A6



(がくさいfacebookチーム)


 

【雑誌「リハビリナース」に掲載されました】2017.9.6

「リハビリナース」(メディカ出版)2017年5号

 連載記事「お悩みサロン」に,当院回復期リハ病棟の朝倉直之チームマネジャーが寄稿しました。限られた時間内でカンファレンスを円滑に進める工夫やポイントについて解説しています。「リハビリナース」は,リハビリテーション現場で働く看護師向けの雑誌ですが,関連専門職にも読み応えのある雑誌ですので是非ご一読ください。
(写真掲載はメディカ出版の御了解を頂いております。)

http://www.medica.co.jp


(がくさい病院facebookチーム)

 

【代診・休診のお知らせ】

●9/5(火) 神経内科 休診
●9/7(木) 神経内科 休診

●9/20(水) 整形外科 代診 市丸Dr→小牧Dr
●9/27(水) 整形外科 代診 小牧Dr→市丸Dr

●9/30(土) 整形外科 休診

 

【職員募集(療法士) 病院見学会のお知らせ】2017.8.22

 がくさい病院では,就職・転職を考えられている理学療法士・作業療法士の方を対象に,病院見学会を開催します。本年度は11名の療法士が新しい仲間に加わりました。皆様の御応募を心よりお待ちしております。

お問い合わせ先:075-754-7110(がくさい病院 総務課)

(事務局:T)


 

【クッション研修会の ご報告】2017.8.22

 回復期リハ病棟に新しいポジショニング用クッションが導入されたことに伴い、院内研修会を開催しました。
 株式会社タイカより講師をお招きし、回復期リハ病院に入院されている患者さんを想定した実践的な講義をして頂きました。医師、看護師、ケアワーカー、リハスタッフなど多職種のスタッフが参加し、クッションの特徴や安楽な姿勢を作る為のポイントを学ぶことができ、とても有意義な時間となりました。
 今回の研修で学んだことを活かして、スタッフ全員で患者さん個々の体に合ったベッド環境や座位姿勢の提案に取り組みたいと考えます。適切なポジショニングを行うことで褥瘡や関節硬縮を予防し、患者さんの主体的・活動的な生活に繋げられるように支援させて頂きます。
(褥瘡予防対策委員会:作業療法士 T)




 

【回復期リハ病棟「夏祭り」開催のご報告】 2017.8.20

 2階と4階の2会場に分けて,夏祭り行いました。
「的あて」「輪投げ」「ヨーヨー釣り」「かき氷」「盆踊り」など盛り沢山の内容で、みなさんそれぞれとても楽しまれている様子でした。特に、盆踊りは大盛況で、普段車いすで過ごされている患者さんも、スタッフ介助のもと立ち上がって参加されている姿が印象的でした。患者さんから「楽しかった」「もう一度やりたい」などの意見が聞かれ、満足していただけたのではないかと思います。
 今後も継続して、入院生活の中で楽しみがもてるような余暇を考えて行きます。患者さん・スタッフだけでなく、患者さんご家族の参加も大歓迎です。これからもみなさんで余暇活動を盛り上げて行きましょう。(余暇係:K)






 

お知らせと更新情報TOP前の記事 »

診療科
診療部
施設データ
関連施設等