お知らせと更新情報

【スプリント研修会 のご報告】 2017.10.17

 回復期リハ病棟の療法士を対象に、サム・ポストスプリントの研修会を開催しました。今回の研修は川村義肢より講師をお招きし、スプリント材の特性や片麻痺患者を想定したサム・ポストスプリントの作成を体験しました。
 今回学んだスプリント作製技術を用いることで、麻痺手の使用と機能回復について考えていきたいと思います。また、患者さんの生活がより豊かなものとなるように、今後も研修会などの企画を行いたいと思います。

サム・ポストスプリント(短対立スプリント)とは…
① 目的:母指を他の指と対立位に保持する目的の装具。
当院では脳卒中片麻痺患者を対象とし、上肢機能訓練及び実用的な上肢機能の獲得や日常生活上の麻痺手使用頻度向上を目的として使用するケースが多い。
② 適応:正中神経麻痺、軽度の片麻痺の把持肢位、保持・訓練用、母指の捻挫、急性MP関節炎、CM関節炎など。

(作業療法士:M)



 

【代診・休診のお知らせ】

●11/1(水) 整形外科 菅Dr 休診
●11/1(水) 整形外科 日野Dr 休診
●11/2(木) 整形外科 菅Dr 休診
●11/6(月) 整形外科 日野Dr 休診

●11/2(木) 整形外科 代診 日野Dr→代診担当医

 

【休診のお知らせ】

●10/6(金) 内科 休診


 

【就任のご挨拶】2017.10.1

 京都府立医科大学リハビリテーション医学教室から異動で参りました、前田博士です。リハビリテーション科医として17年目、回復期リハビリテーション病棟勤務経験は10年以上になります。これまでの経験を活かし、前任である石原 健先生らが築きあげた基盤を引き継ぎ、患者さんのお役に立つことを一番に、がくさい病院の発展に寄与したいと考えます。このような活動を通じて京都におけるリハビリテーション医学・医療に貢献していく所存です。
 皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

リハビリテーション科
部長 前田博士(まえだひろし)
  日本リハビリテーション医学会 指導医
日本リハビリテーション医学会 専門医
  日本摂食嚥下リハビリテーション学会 認定士
  義肢装具等適合判定医師


 

【第37回近畿作業療法学会 参加のご報告】2017.10.1

 奈良で行われた「第37回近畿作業療法学会」で、脳卒中患者さんにおける麻痺側上肢の日常生活での使用に関するポスター発表を行いました。
 当日は多くの参加者があり、多少の緊張はありましたが、院内で受けたフィードバックや臨床での経験が自信となり、落ち着いて発表することが出来ました。発表後は質問もいただき、より深い学びに繋げることができました。
 教育講演や特別講演からも、新たな知識の習得や気づきをいただきました。
 この経験を活かし、よりよい治療が提供できるよう日々研鑚を重ねたいと思います。
(作業療法士 M)



 

お知らせと更新情報TOP

がくさい病院について
診療科
診療部
施設データ
関連施設等